【コラム】風適法の営業時間

2014-07-15

こんにちは、
池袋の風営専門行政書士、西村です。

風俗営業の経営者の方にとって経営を考える上で実際に何時間営業できて営業時間内にどれ位の売上が見込めそうかと営業時間はとても重要なことになってくると思いますが、あまり営業時間を正確に認識しているお店は少ないのではないでしょうか?

お店の売上を考えるとついつい稼ぎどきとなる深夜の営業時間は長くしたいところですが、

風適法では風俗営業者に営業時間の制限を設けています。時間外営業で取締りを受けないよう、
ご自分のお店の業種が何号営業にあたり何時まで営業できるのかしっかりと頭に入れておきましょう。

風俗営業の種類については風俗営業の種類と特徴をご覧下さい。

 

営業時間(東京都の場合)

【1号~7号営業】
日の出~深夜0時まで (一部の延長地域に限り深夜1時まで)

【7号営業(パチンコ店)】
午前10時~午後11時まで

【8号営業(ゲームセンター)】
午前10時~深夜0時まで 一部の延長地域に限り深夜1時まで
※16歳未満の方は午後6時以降入れません。
※16歳以上18歳未満の方は午後10時以降入れません。

【深夜酒類提供飲食店】
営業時間の制限なし

 

最後に

深夜酒類提供飲食店は営業時間に制限がありませんが、接待行為は行うことはできません。万が一接待行為があって処分の対象となった場合は無許可営業となってしまいます。無許可営業は時間外営業と違って2年以下の懲役又は200万以下の罰金という最も重たい処分となってしまいますので十分、注意しましょう。

 

下層ページ問合せ

Copyright(c) 2016 西村行政書士事務所 All Rights Reserved.