行政書士紹介

行政書士  西村 直樹 行政書士  西村 直樹
1979年 2月8日生れ B型
趣  味  サーフィン
前  職  不動産業
他取得資格 宅地建物取引主任者 不当要求防止責任者
申請取次行政書士 著作権相談員 風営業務研究会会員

 

風俗営業の申請で行政書士をお探しの方へ

夜のお店を始めるにあたって風俗営業の許可や届出は切っても切れないものでなくては営業することもできず始まりません。

現在は風俗営業許可申請に関する情報がネット等でも知ることができますので、ご自身で申請されることも決して不可能ではありません。

しかし、
風俗営業の申請を慣れない方が行うとデメリットとなってしまうことが多くあります。

例えば、申請書類に不備があって何度も警察署に行き予定よりも時間がかかってしまうことや店舗が構造基準を満たさず内装の変更を求められてしまうということもあります。

そして何より申請を自分で行うと時間と労力がかかってしまう上にオープンが遅れます。

行政書士にご相談いただくことで、これらのわずらわしい申請手続きから解放され開業準備により一層、専念することができます。

また、行き慣れない警察署への申請手続きや書類作成に不安を感じている方も多いと思います。

そういったご不安についてもしっかりとした風営の経験がある行政書士の西村がサポートさせていただきます。

下記に1つでも当てはまる方はお気軽にご相談ください。丁寧に解かりやすく対応いたします。


行き慣れない警察署へ行くことに不安を感じている

・申請や営業に向けて色々な相談もしたい

開業準備に専念したい

なるべく早く許可が欲しい

警察から指導を受けている

どこに頼んでも一緒じゃないの?

どの行政書士に頼んだらいいか悩んでいる

 

自己紹介 「お客様との信頼関係が一番と考えております。」

1979年2月8日東京生まれ、学生時代は勉強よりもサーフィンに没頭、サーフィンの魅力にはまり大学へは行かずにアメリカ西海岸へサーフィン留学。

帰国後、不動産賃貸業に勤務。勤務しながら宅地建物取引主任者と行政書士試験に合格。不動産賃貸業勤務時には賃貸借契約から多くの賃貸トラブルを経験。

行政書士試験合格後、一念発起して行政書士事務所を開業。開業当初、専門分野を決めかねていたところ初めて風俗営業許可申請のお仕事を頂きました。

行き慣れない警察署への不安や書類の複雑さもあって図面作成にも多くの時間がかかりやっとの思いで申請しても書類の差し替え等で何度も警察署に足を運ぶことになりました。

そんな経験があるから今があると思っていますが当時は肉体的にも精神的にも大変な思いをしました。

当時、初めて風俗営業許可申請を経験して、これはお客様だけで対応するのは無理だと思いました。そして風俗営業許可申請こそ行政書士がお客様をサポートすべき業務だと確信しました。

一人でも多くの風俗営業許可申請で不安をお持ちのお客様のお役にたてればと思っております。

開業後2年で保健所の営業許可や風俗営業の許可・届出など飲食店関係を中心に約100件の案件に携わり、申請はあくまで通過点であってお店の成功を見据えて一緒に考えて行きたいと思っております。

お客様からは「申請がスムーズに行って良かった」「自分の開店計画より早く許可が下りて助かった」などのお言葉をいただきました。

今後もより一層お客様のお役にたてるよう努力したいと思っています。
迅速な対応と仕事を通じてお客様と信頼関係を築き末永くお付き合いを頂けます様、心がけています。

趣味は子供と遊ぶこと、子供がクワガタを飼いたいと言い出してから子供と一緒にクワガタの飼育に奮闘しています。映画やスポーツを見るのも好きでソチオリンピックの時は寝不足でした。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2016 西村行政書士事務所 All Rights Reserved.