デリヘル事業の店舗拡大

意外と知られていない?

届出制で比較的に小額の資本でも始められることから1店舗のみの経営という店も多く、意外と知られていないのですが、

デリヘルの届出では開業時に1つの届出書に複数の電話番号、複数の店舗名を記載することで店舗を増やすことができます。

例えば、熟女系の○○○店、人妻系の○○○店、素人系の○○○店といった感じです。

複数店舗のトータルで

デリヘルの店舗を拡大しようと思うと様々な障壁があるかと思います。女性従業員の求人の問題、店長候補の育成、マーケティングなど・・・

実際に拡大しているお店の多くは開業時に複数の店舗名で届出をし、複数店舗のトータルで売上UPをと考えているのではないでしょうか。

このように事務所は1ヶ所しか持てませんが、複数のホームページを使って複数の店舗をオープンさせることができるので、それぞれのホームページの作成や広告宣伝費はかかりますが、最初からコンセプトを変えて複数店舗で届け出ることもおすすめです。

ご注意ください

宣伝広告でピンクチラシやビラを電柱に貼り付けたり、住宅地でピンクチラシやビラを郵便受けに投函したりしてはいけません。

条例等で禁止されています、最悪は逮捕されることもありますのでやめましょう。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2016 西村行政書士事務所 All Rights Reserved.