接待飲食店申請 | 西村行政書士事務所

キャバクラ・ホストクラブ等1号(2号)営業

キャバクラ・ホストクラブ等1号(2号)営業

料金

新規手続費用
20万円~

実費
食品衛生営業許可申請手数料 18,300円
風俗営業許可申請手数料   24,000円
住民票等必要書類    1,600円

 保健所の申請まで全て含めた料金です。(保健所の申請+立会い+警察署の申請+立会い)実費は別途かかります。
ご依頼後、まず着手金として5万円を頂戴いたします。残金については申請日までにお支払くださいませ。

流れ

ステップ1

電話またはメールでの無料相談

最短で当日対応も可能

まずはお店の住所やお店の内装状況等を詳しくお聞かせください。また、ご不安なことやご不明な点などございましたら何なりとご相談くださいませ。このとき費用や必要書類、構造要件についても詳細にご説明いたします。この段階で費用が発生することはありません。

ステップ2

保護対象施設の調査

書類に印鑑押すだけ

ご依頼後、保護対象施設の調査をいたします。この時に保護対象施設があり許可がとれないことが判明した場合は調査費用のみ発生してしまいますがご了承くださいませ。無事に用途地域や保護対象施設に問題がなければお打合せと計測を兼ねて店舗にお伺いいたします。次の店舗でのお打合せの際に賃貸借契約書の写しや住民票等をご用意くださいませ。

ステップ3

お店にて計測

めんどうな図面を正確に

図面作成のためお店の計測をします。営業所の設備等(椅子、テーブル、音響設備など)の確認もいたしますので内装が必要な場合はこの時までにはお願いいたします。また計測前にお店の平面図をFAXくださると計測もスムーズです。

ステップ4

保健所へ申請

飲食店開業には必須

申請はお任せください、お客様は申請前までにお店の名前をお決めください。このときに実査の日時が決まります。

ステップ5

保健所の実査

お客様もお立会いをお願いいたします。構造要件等に不備がなければ1週間前後で許可書が発行されます。

ステップ6

警察署へ申請

厳しい審査もスムーズに

飲食店の許可書の発行後、警察署へ申請します。申請はお客様もご同行お願いいたします。このとき管理者となられる方の写真(3cm×2.4cm)2枚も忘れずにお持ちください。このときに実査の日時を決めます。

ステップ7

警察(風俗浄化協会)の実査

万が一不許可となった場合は全額返金

お客様もお立会いをお願いいたします。書類等に不備がなければ6.の申請から55日で許可がおります。

お店オープン

メールフォーム

無料相談実施中

メールフォーム

ページトップ